学びたい

セミナーイメージ

1.参加したい

セミナーイメージ
年に3回アートに関するセミナーとワークショップを行う予定です。

セミナー一覧

「○△□いろいろオブジェ」WS 参加者募集中!

演劇「広場をつくろう」WS & 発表会 参加者募集

スキルアップセミナー&ワークショップ2017Part1

障がいのある人のアート活動についての権利擁護セミナー

スキルアップセミナー&ワークショップ

第4回演劇 講演&ワークショップ

201702スキルアップセミナー&ワークショップ ぼくの色、私のカタチ やまなみ物語

2.現場にきてほしい

障がいのある方の表現の支援、サポーター(施設職員など)へのアドバスを行います。

例)題材は?画材はなにを使ったらいいんだろう?どう選んだらいいんだろう?
表現の幅を広げたいなー!
障がいのある人たち、またサポートする方の要望にあわせた指導者派遣を行います。

対象

広島県内の施設、団体、学校、グループなど

料金

広島県の「平成28年度障害者芸術文化活動支援事業」を受託して実施するのため、平成29年3月末日までは無料です。

お問い合わせ

070-5671-8668(アートサポートセンターひゅるる専用)

ART SUPPORT CENTERひゅるる 専門家協力委員プロフィール

寺尾 文尚

人権擁護
【社会福祉法人ひとは福祉会理事長、広島県知的障害者福祉協会人権・倫理部会担当、広島人権擁護センターほっと代表コーディネーター】
障がいのあるなしに関わらず、誰もが共に寄り添うことができる地域づくりを目指している。

濵田 俊彦

創作現場の支援
【画家】
比治山大学短期大学部教授を退職後、画家として活躍。障がいのある人の展覧会「アートルネッサンス」の審査員長を12年間勤めた経験から、アーティストの気持ちに寄り添った表現方法や、創作活動の環境整備についてアドバイスする。

吉田 幸弘

アートの製品化
【広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科 教授】
コンピューターグラフィックを用いたプロダクトデザインを中心に、デザインやアートの視点から広島のまちづくりや、数多くの地域連携プロジェクトに関わる。

加藤 宇章

創作現場の支援
【アトリエぱお造形教育研究所代表、広島市立大学非常勤講師、広島芸術学会会員、アートルネサンス展・あいサポートアート展他審査員】
エイブルアートの無垢でストレートな表現にいつも感動します。自分も彼らのように実直な表現者でありたい。

中村 圭

アートの都市展開
【広島市立大学芸術学部/芸術学研究科講師】
ビジュアルコミュニケーションデザインを専門とするほか、デザイン・工芸の造形基礎教育を行っている。また近年では、基町の活性化プロジェクトにも携わる。

松尾 真由美

創作現場の支援
【広島市立大学芸術学部美術学科 講師】
美術の力 や可能性を求めて、広島市立大学で教鞭を取るとともに、児童を対象とした講座やワークショップを広く開催。

今井 みはる

アートの都市展開と展示方法
【アートギャラリーミヤウチ 学芸員】
アートギャラリーミヤウチ(廿日市市宮内)の学芸員として展覧会等の企画運営に携わる傍ら、様々な領域を繋いでいくアートコーディネーターとしても幅広く活動。 imaimiharu.com

三浦 友美

アーティストの権利擁護
【弁護士(広島弁護士会所属)】
平成26年度広島弁護士会高齢者障害者等の権利に関する委員会幹事。法律の専門家の立場から、アーティストの権利や意思確認についてアドバイスし、アート活動のお力になりたいと思います。

加藤 直規

アーティストの権利擁護
【知的財産研究家】
元NTT研究員、元広島市立大学教授。(独)情報通信研究機構勤務。実学と異分野融合を志向する研究者で、研究、事業、経営管理、専門的業務と幅広く従事。2009年障がい者アート共同研究にも参加。大学教員退職後は科学史研究および所有林にて森林経営の実験も手掛ける。

川口 隆司

アート支援現場の情報発信
【NPO法人ひゅーるぽん理事長】
特別支援教育教諭を辞した後、子どもたちの育ちを支援する「こども発達支援センター」および障がいのある人の社会参加を支援する地域活動支援センター「ぽんぽん」の運営を行うとともに、街づくり、ボランティア育成活動を展開している。