ワークショップ&発表会

舞台芸術(演劇)ワークショップ&発表会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省「平成29年度障害者芸術文化活動普及支援事業」
舞台芸術(演劇)ワークショップ&発表会 参加者募集

「広場をつくろう」

      

参加費無料
ワークショップ①
2017年9月11日(月)
16:00〜18:00
会場:広島市心身障害者福祉センター 会議室
〒732-0052 広島市東区光町2-1-5
講師:永山智行
申込み締切り:9月7日(木)

ワークショップ②
2017年9月16日(土)
13:00〜15:00
会場:広島市心身障害者福祉センター 会議室
〒732-0052 広島市東区光町2-1-5
講師:山田めい、坂田光平
(舞台芸術制作室 無色透明)
申込み締切り:9月12日(火)

ワークショップ③
2017年10月14日(土)
13:30〜15:30
会場:広島市心身障害者福祉センター 会議室
〒732-0052 広島市東区光町2-1-5
講師:永山智行
申込み締切り:10月10日(火)

ミニ発表会
2017年12月9日(土)
広島県ヒューマンフェスタにて
1月の発表会の内容を一部発表する予定です。

ワークショップ④
2017年12月22日(金) 13:00〜15:00
2017年12月23日(土) 13:00〜15:00
会場:未定
講師:永山智行
申込み締切り:12月19日(火)

【参加対象】演劇に興味がある、障がいのある方・子どもたち、障がいのある方を支援している方、一緒に活動してみたいと思われる方・子どもたち、演劇経験者など
【ワークショップ内容】参加者同士が演劇の手法で交流し、演劇を体験します。また、実際の舞台芸術(演劇)の作品づくりを体験することができます。

「広場をつくろう」とは・・・
障がいのあるないに関係なく、参加者同士が歩幅を合わせ、時間と空気を共有し、互いに人間の魅力を発見し合えることは、舞台芸術(演劇)の持つ力だと考えます。「広場をつくろう」では、演劇の持つ力を通して、相互に高めあえる場所、継続的にできる場所=「広場」をつくることを目指しています。

演劇発表会
2018年1月12日(金)、13日(土)
会場:広島市東区民文化センター スタジオ2
〒732-0055 広島市東区東蟹屋町10-13
「タイトル未定」 演出:永山智行 脚本:柳沼昭徳
※演劇発表会に向けて、ワークショップとは別に2〜3回の練習を予定しています。

【講師プロフィール】
永山智行(ながやまともゆき)
1967年生まれ。劇作家、演出家。劇団こふく劇場代表。2001年『so badyear』でAAF戯曲賞受賞。同作をはじめ、戯曲は劇団外での上演も多く、2006年10月から約10年間、公益財団法人宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターを務めている。また、2007年からは障がい者も一俳優として参加する作品づくり(みやざき◎まあるい劇場)に取り組み、地域における演劇の質の向上と、広がりを願い活動している。

柳沼昭徳(やぎぬまあきのり)
京都の劇団「鳥丸ストロークロック」代表。フィールドワークを行いながら現代社会のあり様に向かい合い、モノローグを活かした心象風景を作品に描き込む事で濃密な舞台を創り出す。全国各地で高校生から高齢者までを対象とするワークショップや、市民参加劇の脚本・演出も手がける。第60回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート
平成28年度京都市芸術新人賞受賞

※当日は動きやすい服装でお越しください。
※各会場、駐車場がなかったり、台数が限られていますので、乗り合いでお越しいただくか、公共交通機関にてお越しいただきますようお願いいたします。

お申し込みは下記からも可能です。ぜひご参加ください。

お名前 (必須)

年齢

学年

所属名(必須)

演劇経験

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

参加ご希望をチェックしてください
ワークショップ1ワークショップ2ワークショップ3ワークショップ4 22日ワークショップ4 23日

質問記入欄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加