活動報告

指導者派遣を活用したワークショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月27日水曜日、病院の依頼で指導者派遣を活用したワークショップを開催しました。
講師は、加藤 宇章 先生です。

準備の間、初めて会う先生と、初めて手にするミラーペーパーを見て、何かできるのか気になる様子でみなさん待っておられました。

9時45分 27名が集まり、ワークショップ開始です。
先生の説明とお手本が写っている画面に視線が集まり、会場が一気に静まりかえります。

まずは少しキラキラした黒い紙をしずく型に切り、ミラーペーパーの半面に貼り付けます。これで土台は出来上がり。

次に、丸、ハート、星、三角など色々な形のパンチを使い、デコレーションしたい素材を準備していきます。たくさん用意してあるカラフルな紙や、色々な形のパンチに「かわいい」「どうしようかなー」など弾んだ声が聞こえ、みなさんとても楽しそうに作業を進めておられました。

土台のペーパーミラーにデコレーション素材を貼り付けたり、ポスターカラーでペイントして、作業は最終段階に入ります。
デコレーションができたら好きな色の厚紙に貼り付けて完成!!

同じ素材なのに1つとして同じ作品はなく、一人一人の個性がキラリと光る、すてきな蝶々のカードが出来上がりました。出来上がった作品を開いたり閉じたりしてミラーの写り具合を楽しまれている方、写メを撮られている方、大切な人に送りたいとメッセージを書かれている方など、参加者それぞれが、作品の出来上がりに満足されておられる様子が伺えました。

1時間という短いワークショップでしたが、とても楽しい時間でした。
参加された皆さま、病院スタッフの皆さま、加藤先生、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加