活動報告

障がいのある方の「アート」×「働く」を考えるセミナー&ワークショップ報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月25日(日)広島市南区地域福祉センターで、講師に社会福祉法人わたぼうしの会 Good Job!センター香芝センター長 森下 静香 氏とスタッフの小林 大祐 氏をお招きして”障がいのある方の「アート」×「働く」を考える”セミナーを開催しました。

午前中は『「たんぽぽの家」「Good Job!センター香芝」の働き方や製品化の取り組みについて』と題して、Good Job!センター香芝センター長 森下 静香 氏にご講演いただきました。

「一般財団法人たんぽぽの家」「社会福祉法人わたぼうしの会」の時代と目的に合わせて変化していった歴史のことや「Good Job!センター香芝」が、目指し活動されている内容を丁寧にご説明くださいました。

実際に販売されている製品も見せていただきました。地域の伝統工芸の技術と最新デジタル工作機をうまく組み合わせ、仕事とされているとのことでした。

「Good Job!センター香芝」では、アート表現、商品の製造、流通の機能と様々な働き方が用意されておられました。
森下センター長のお話をお聞きし、私たちが持つ強みと地域が求める課題を柔軟に考え、マッチングしていくことを取り入れれば、新たな働き方を発見できるかもと感じ、明るい気持ちになりました。

~アンケートより~
・取り組みについて理解出来ました。色々な話が聞けて本当によかったです。
・お話がわかりやすく内容も充実していてとても勉強になりました。

午後からは、ワークショップです。Good Job!センター香芝スタッフの小林 大祐 氏にご指導いただきました。

グループに分かれ、対象者となる方の人物像を決めて、仕事作りためのアイディア出しをしていきました。
Good Job!アワード入選事例を参考に、考えたアイディアの魅力や、思いついた背景、実現したい未来について話し合いました。

グループで同じ人物像を掲げても、描く仕事内容は様々で、思いがけない仕事展開のアイディアがありました。そのことを通して、たくさんの人の意見をいただくことで、より広い視野で仕事を生み出すことができるんだなと感じました。


~アンケートより~
・少し難しかったですが、とても勉強になりました。他の方と話ができ、自分では思いつかない様なアイディアなども聞けてよかったです。

予定より、少ない人数ではありましたが、その分しっかり話ができ、とても濃い内容のセミナーとワークショップでした。
ご参加いただきました皆様、森下さん、小林さん、貴重な時間をありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加