活動報告

広島県ヒューマンフェスタに「おきらく劇場ピロシマ」登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月9日(土)広島駅南口地下広場前特設ステージにて、演劇公演「ウタとナンタの人助け」のリーディング発表をしました。
「おきらく劇場ピロシマ」というのは、メンバーみんなで考えた私たちのチーム名です。

今回行ったリーディング発表は、本番の発表とは少し違い、照明や音響、衣裳などは入らず、限られたスペースの中での発表でしたが、俳優たちの声そして生き生きとした表情を会場に少しでもお届けできたのではないかと思います。
とても寒い日でしたが、客席にはいっぱいのお客さん。舞台裏で待機している出演者たちに『緊張している人—?』と聞くと、手が何本も上がります。中には『全然緊張してないよ!』とへっちゃらな顔をしている方もありました。

(舞台袖で待機中…)

コールがかかって、いよいよ本番のステージが始まります。
バックモニターには『出演:おきらく劇場ピロシマ』の文字。さあ、おきらく劇場ピロシマ、ステージに初お目見えです!

めいめい楽器を持ったピロ電(えんこうたちの世界“ピロシマ”を走る電車)たちが賑やかに登場。


(えっさらさー!ほいさらさー!えっさらさー!ほいさらさー!)

発表が始まると通りすがりの方も、自然と足を止めてステージに人が集まります。

(発表の終わりはみんなで挨拶。『本番の公演もぜひ観に来てくださーい!』)

ステージを観ていたスタッフにも「声が出ていてよかったよ!」「いい顔だったよ〜」とお褒めの言葉をいただきました。
すっきりと満足そうな顔の出演者たち。半野外ステージのため寒い会場だったのですが、舞台に立ったメンバーの顔はポカポカとしていました。
気持ち新たに再び本番の舞台に向けての練習が始まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加