活動報告

ワークショップ「新しい表現を楽しもう!!」指導者派遣レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月23日勤労感謝の日に安芸太田町の川・森・文化・交流センターにて、「新しい表現を楽しもう!!」と題したワークショップを開催しました。
講師は、西本 真祐子先生です。

11名がご参加くださいました。

まず先生から、今日やるワークショップの説明を受けました。
やることは、墨流し絵・額づくりの2点です。
先生のお手本を見ながら、やることを確認しました。

(墨流し絵)
自分の好きなものや本、植物などを見て水彩絵の具を使って下絵を描いていきます。自分の頭の中にある絵をさらさらと描き始める人、何を描こうかと悩み筆が進まない人、いろいろおられました。
下絵ができた人から、用紙全体に墨汁を塗っていきます。
せっかく描いた絵を真っ黒に塗りつぶしていくことに「ほんとうにいいの?」「大丈夫なの?」と不安そうな表情で作業を進められていました。墨をよく乾かしたら、用紙を水に浸けて優しく筆で撫でていきます。真っ黒だった画面から、カラフルな下絵が浮き上がってくると、まるで宝物を発見したかのように「わぁー」っと歓声が上がっていました。

(額づくり)
額型に切り抜かれたプラスチックダンボールに、布、色紙、シールなど思い思いに飾り付けをしました。プラスチックダンボールの破片が規則正しく並んでいたり、たくさん布がついていたり、シンプルに仕上げられていたりと、一人一人の個性が表現された額ができあがっていきました。

額に墨流し絵をはめます。
意識して作ったわけではないのに、墨流し絵と額が合っており素敵な作品が完成しました。

ご参加くださいました皆様、西本先生、楽しい時間をありがとうございました。

出来上がった作品は12月4日(月)〜9日(土)まで、川・森・文化・交流プラザのせせらぎ美術館にて展示されます。
お近くに行かれる機会がありましたら、ぜひお立ち寄りいただけると嬉しいです。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加